水虫予防に5本指の靴下を履こう

水虫は一度かかると完治までに時間がかかります。また治ったと思っても再発することも多く、厄介な疾患です。水虫はかからないようにしっかり予防対策をとることが大切です。
水虫を予防するもっとも効果的な方法は、水虫の原因である白癬菌が繁殖しないような環境にするということです。そのため、足を清潔に保ち、高温多湿にならないようにする必要があります。
靴下を履き、その上から靴を履くと蒸れてしまうので、もっともよくないと言えます。とはいえ、仕事や学校に行くのに履く必要のある人も多いでしょう。そこでおすすめしたいのが、靴下を、通常の形状のものではなく、5本指ソックスにすることです。

5本指ソックスとは、文字通り、先が5本に分かれていて、足の指をそれぞれの袋におさめて履くという靴下です。数年前まではあか抜けないデザインのものばかりでしたが、最近はさまざまなメーカーからいろいろなデザインが販売されるようになりました。男性用はもちろん、女性用も増えています。
5本指ソックスを履くメリットは、足指同士がくっつかず、また汗などを吸い取ってくれるため、湿度の高い状況にならずにすむということです。靴下の素材には、大きく綿と化繊がありますが、5本指ソックスを履くなら素材が綿の物がおすすめです。
綿は吸湿性が高く、通気性に優れているため、汗を吸い取りさらりと乾燥させてくれますので、水虫の高い予防効果があります。
しかし、最近では化繊でも速乾性や防臭、殺菌効果などを謳うものが市販されています。気に入ったものがあれば一度買って試してみるといいでしょう。
5本指ソックスを履くデメリットとして、履いているのを人に見られるとおかしく思われる可能性があることでしょうか。水虫なのかと思われる可能性もあります。また、履くときにそれぞれの指を一本ずつ入れる必要があるため、多少もたつくことがあります。しかし、これは慣れると早く履けるようになります。

足の指を広げるグッズも水虫予防に有効

水虫を予防するためには、環境が許せば靴下を脱いで素足で過ごすのがおすすめです。しかし、足の指の間にあまり隙間がなく、くっついているような状態の人は、素足になっても指の間が湿ったままで蒸れている可能性があります。
そこで有効なのが、指と指の間を開いて乾燥させるグッズを使用することです。グッズには様々な種類があり、100円均一ショップや薬局、またオンラインストアなどで手軽に購入することができます。
よくあるのは、シリコン製などの柔らかな素材でできたパッドで、突起がでていて、それを指の間に挟み込むというもの。
しっかり開いてくれる点がメリットですが、デメリットとしては、足の指に挟んだままでは歩きにくく、歩いていると外れてしまう点が挙げられます。お風呂上りでくつろいでいるときなどに使用するといいかもしれません。
薄手のシート状の、足用の汗吸収パッドもあります。これはパッドの切込みに足の指を挟んで使用するグッズです。シートが、足の指の間の汗をしっかり吸い取ってくれますので、快適に過ごすことができます。
パッドが薄いので、装着した上から靴下をはいても違和感がありません。使い捨てなので衛生的な反面、すぐに買い足しが必要になるのが難点です。

靴下のような素材でできた、5本指ソックスの指の部分だけのような形状の製品もあります。特殊加工で薬剤を付着させてある、殺菌効果のある製品も販売されています。
また、形状も、指先はカットされているもの、指の先まで覆うものなどさまざまにあります。繰り返し洗って使うことができます。また、これを履いた上から靴下を履いても違和感がありません。
水虫を予防するのに大切なことは、清潔を保つことと、乾燥させることです。毎日しっかりと足を洗い、グッズも賢く活用しましょう。